パキシルを飲む時にはアルコールは控えた方がいい

抗うつ剤であるパキシルとアルコールは当然ながら相性が悪いということが言えます。しかし、気分が沈みっぱなしでどうしようもないという場合に、酒を飲んで気分を解消したいという気持ちが出てきます。パキシルを飲んでいる時にアルコールを控えなければいけないことはわかるのですが、気分を解消するためにお酒を飲むという人が出てきます。

うつ病がより悪化する可能性がある

不安な気持ちをお酒によって解消するということは、一時的に不安な気持ちを和らげるような効果はありますが、長期的になるとうつ病を悪化するような方向になりますので、パキシルを飲むのであれば、アルコールは控えるべきです。

パキシルのほかに併用する薬によっては重篤な副作用が起こることがある

パキシルだけであれば眠気が強くなるというような副作用で済みます。しかし、大抵の場合はパキシルのほかに睡眠薬や抗不安薬などを併用する形になりますので、併用するこれらの薬とアルコールとの飲み合わせがとても悪いです。血液中の薬の濃度がより増しますので、それによって体に影響が出てきて、問題を引き起こすことが十分にあり得ます。

パキシルを飲む前にアルコールを服用していた場合はどうすればいいのか?

もし薬を飲む前にアルコールを飲んでいた場合であっても、パキシルだけは必ず服用をするべきです。この場合はそれほど悪い影響が出るわけではないので、一応パキシルを飲んでおいたほうがいいです。しかし、他の薬に関しては飲まないようにしてください。

パキシルを服用する場合はアルコールは避けるべき

うつ病を治したいのであれば、きちんとパキシルを飲んでアルコールは控えましょう。パキシルのほかに服用する薬によっては悪い影響があるので、なおさらアルコールは口にするべきではないです。

関連する記事