うつ病の治療において経済的な負担を和らげることが可能な自立支援医療制度を活用しよう

長期的にうつ病にかかっているということであれば、やはり薬代が馬鹿にならないです。経済的な負担が大きくなった時に、通えないとなるともったいないです。そういう時に利用できる制度として自立支援医療制度がありますので、これで経済的な負担を和らげることにつながります。今回は自立支援医療制度のことについて解説していきます。

自立支援医療制度を利用することで医療費などの負担が1割で済む

自立支援医療制度というのはうつ病など長期的に通院治療が必要になる場合に利用することができ、自己負担の割合をさらに抑えることができます。成人であれば医療費の3割負担なのが、1割負担で済むわけです。これは医療費だけでなく薬代に関しても1割負担になります。
しかも、同じ医療保険に加入している家族の収入によって、1か月に支払う上限が決められていますので、それ以上支払う必要が無くなります。

制度を利用するために病院に相談してみよう

自立支援医療制度を利用したいということであれば、まずは主治医に相談することをお勧めします。病院もしくは市区町村窓口に申請書がありますので、ここで入手するようにしましょう。申請書に記入するのと同時に、医師の診断書や所得が確認できる書類などを用意する必要があります。最終的には市区町村窓口に提出をします。

制度は1年ごとに更新をする必要がある

自立支援医療制度は1年が期限になりますので、毎年更新をしなければいけません。更新は期限の3か月前から手続きを取ることが可能ですので、早めに手続きを行うことをお勧めします。

面倒だけど経済的な負担が和らぐ

自立支援医療制度は面倒な手続きを経ないといけないわけですが、経済的な負担が和らぐので申請して損はないでしょう。

関連する記事