パキシルを飲むと太るという噂があるが、それは本当なのか?

パキシルという薬は抗うつ剤に当たり、比較的副作用が出にくいという風に言われますが、それでも太りやすいというような噂があるようです。いざ薬を処方されたとしても、ネットで調べてみてパキシルが太りやすいというような情報に惑わされて、自己判断で止めてしまう人がいます。本当に噂どおり太りやすいのでしょうか。

太るという事実があるのは本当

どんな薬においても副作用が無いということはありません。頻度の高い副作用として吐き気や頭痛などのことは添付文書などでも記載されていますが、体重増加については隅っこに書かれている程度です。期間が限られている臨床試験で体重増加が分かるわけではなく、継続して使い続けて出てくる症状です。実際にパキシルを飲んで体重が増えたということは十分にあり得ることです。
なぜパキシルで太りやすくなるのかというと、薬を飲むことで代謝を抑制する作用や抗ヒスタミン作用が働くからです。前者の場合は気分を安定させる結果がある反面、代謝が落ちて脂肪が燃焼しづらくなるわけです。後者の場合は食欲を抑えてくれるヒスタミンの働きを抑えるわけですので、食欲が上がってしまってより食べすぎてしまうわけです。

安易に薬のせいにはしないほうがいい

うつ病を治すという目的でパキシルを服用するわけですので、まずはそれを治すために医師が処方された薬を飲むようにしましょう。体重増加を引き起こす原因がうつ病によって活動が低下したことに拠るのか、薬の副作用に拠るのかは何とも言えませんので、自己判断で服用をやめないように気を付けたいところです。

薬が原因で太ったのであれば、医師に相談する

確かにパキシルを飲むと副作用として太るということはあり得ます。しかし、安易に薬のせいにするのではなく医師に相談をすることをお勧めします。

関連する記事