だれでもかかりうる病気うつ病

うつ病というのはメンタルが弱い人がかかる病気でレアケースな場合だという風に思っている人もいるかもしれませんが、実際には誰にでもかかる可能性がある病気だということが言えます。ある調査では日本国内の13人に1人ぐらいの割合で1回はうつ病を経験するということが言われており、うつ病に気づかないというケースも多いです。もしかしたら自分もうつ病にかかる可能性があるということを知っておいたほうが、うつ病だと気づきやすくなります。

うつ病は誰にでもかかる可能性がある

trhs
今までの人生で風邪を引いたことが無いという人はいないと思いますし、インフルエンザにかかったことがある人もそれなりにいるのではないでしょうか。うつ病はレアな病気というわけではなく、インフルエンザにかかるのと同じくらいにかかる可能性があり、それくらい身近な病気だということが言えます。日本人の約13人に1人が1回はうつ病を経験するわけですので、周りの人や自分自身がうつ病になるケースは十分にあり得ます。
しかし、周りの人から見ると周囲に甘えているとか、心がたるんでいる、怠け癖があるなどという風に見えてしまい、当人がうつ病だと認識されないというケースがあります。うつ病のつらさを周りがなかなか認識できないということで、さらに本人を苦しめてしまうわけです。

うつ病だとばれたくないという心理がある

うつ病にかかっているにもかかわらず、なかなか病院に行かないという人がいるようです。ちょっとした体の不調が起きたとしても、気合で何とか出来てしまうために自分はそういう病気ではないということで、病院に行かないというケースも十分にあり得ます。自分がうつ病だということが分からないという可能性がありますし、もしかすると、うつ病だと分かっていても周囲にばれたくないということで行かないこともあります。

心の不調と共に身体に何か現れてくるとうつ症状

親しい人や家族の人が死ぬという場合には気分がすぐれないというケースが起こりえますが、それは時間が経てばだんだん解消してくるものです。ちょっとした心の不調というのは、時間が解決してくれるという側面があるとも言えます。
しかし、うつの症状になると憂鬱感が強くそれが何週間も続くわけです。そういう気持ちが治まるどころか、それによって体に不調をもたらすことになります。食欲が低下したり、吐き気があったり、体のしびれが出たりなどの症状が見られます。心の不調と共に体にも何か悪い影響が出てきたのであれば、病院を受診してください。うつ病は長期間にはなりますが、きちんと精神科や心療内科などでの治療を受けることによって改善を図ることができる病気です。

最初の治療でパキシルなどの薬物治療は有効

yjtd
うつ病を治療する段階において、最初のうちは薬物療法がとても有効です。薬物療法で選ばれる抗うつ剤というのはパキシルのほかにも様々なものがありますが、病気の状況などを鑑みたうえで決定されます。薬を処方されたとしても、最初のほうは副作用が出てくることがありますので、1か月程度は薬が効いているのかどうか観察する必要があります。副作用は次第に治まってくるのが一般的ですが、そうでないならば医師に相談してみてください。

うつ病のことを知るのが一番いい

うつ病は誰にでもかかり得る心の病気ですので、多くの人がそれを知ることによって、発見しやすくなります。うつ病にかかっているのであれば、早く病院を受診してください。

パキシル用法用量が知りたい方はコチラ
↓↓↓↓↓↓
【http://www.168webshop.org/medicine/psychiatry/paxil.html】